<< カセットレーベル | main | ALT.space????? >>
2012.04.12 Thursday

カセットの偏差

 カセットテープの事を調べているけど、なかなかディープな世界である。
オープンリールに比べればおもちゃなんだろうけど、
逆にアマチュアの知恵が溢れ返っている。
オープンリールの業務に対する、民政のカセットテープは、
受け入れる側のレベルや環境も多様で、かつマス的支持を受けたため、
環境に大きな偏差があるのだ。

それが実に面白くて、例えばCDであればオーディオ的なレベルの話から
始まるけど、テープに関してはそれ以前のよりエンジニアちっくな
技術を前提としないとならない。テープの性質、ドルビーの性質、
デッキの構造、デッキの品質・・・。それによって封印されている音
(あるいは録音しようとしている音)が無限に化けるのである。
で、その技術は今となっては失われつつある。

テープレーベルを考える時に、ピュアオーディオにおける
カセットテープの多くのアプローチを考えざるを得ない。
ローファイ、と一言で片付けられる代物ではないことはわかった。

リサーチを進めて行くうちに一つ気付いたんだけど、テープデッキが
王座から陥落した後にネットが普及したため、また、テープの衰退は
かなりの速度で進行したため、ネットで話題にならず文献や資料が少ない。

今現在、ピュアオーディオ的に、あるいはテクニカルにカセットにアプローチ
している人はどれほどいるのだろうか?

と、思って、がんばって発信しても受け入れる側の環境はそうとうプアだなと
思い、私はあまのじゃくだから余計燃え立つのである。

ナパーム片岡

この記事のトラックバックURL
トラックバック
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
Selected Entries
Categories
Archives
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM