<< 若者文化の冷凍保存(メモ) | main | カセットカルチャーetc... >>
2012.02.09 Thursday

呻吟する死生観


 ・・・思えばこの世は常の住みかにあらず
草葉に置く白露 水に宿る月よりなほはやし
金谷に花を詠じ 栄花先(さきだ)って無常の風に誘わるる
南楼の月をもてあそぶ輩も 月に先って有為の雲に隠れり
「人間五十年 化天の内をくらぶれば 夢幻のごとくなり
一度生を受け滅せぬ者の有るべきか」

敦盛ですね。戦国武将の織田信長の逸話に関連して読みました。
信長が好んで朗吟し舞った歌ですが、これが例えば戦の前に、、、
などというシュチュエーションでと想像すると、
かなりロマンを感じてしまいます。

死生観というのは、人生を決する重要な観念だと思うのですが、
具体的に私の場合どうか?といわれても茫洋な考えしか浮かびません。
ただ、例えばこのような舞と言葉が連想されます。
心が静まり、生と死が融和するような、不思議な感覚になります。
予め決められた運命などは信じないのですが、
気付けば運命的であると考えてしまう出会いやエピソードが
多くあって、なにか強い拠り所を節目節目で作って来れたな、
と思います。そして、常に思うのは、それもまた滅する時がくるということです。

ナパーム片岡
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
Selected Entries
Categories
Archives
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM