<< 最果ての夢 | main | 気分はCLUB? >>
2011.06.28 Tuesday

ステートメント

なんだか浮舌が多忙すぎるのとコンテンツ的に量感不足が否めず、
キッチンペーパーがなかなかドロップできないので、
今号のステートメントをブログで公開します。
典型的な「夜型」文章ですが、
そのような熱病的文章は平常時の意識が強く抑圧するので、大抵忘れます。
いや、忘れるというより、記憶の奥底に追いやられる。
ただ、書いたものは書いたものです。
COMMAND+DELETEで実際に消滅させることは可能なのだけど、
衝動を排したところで、人格が変わる訳ではない。


「テン年代でオルタナティブであること。」


フォレストリミットの運営をするにあたり、

どうしても前世期の文化的試みのなかに参照点は多いと感じる。

フォレストリミット自体、80年代後半〜90年代後半に至る

文化状況を温床としている。

主に人的な理由においてそれは逃れられない事実である。

かの時代、消費社会の成熟と同時に、

オルタナティブな試みが自然と発生した。

自分の思ったことが、直裁に表現でき、その表現を公のものにできた。

ここでいう「公」とはマスなメディアと市場である。


フォレストリミットは、00年代のリアリティを大きく吸収しながら

00年代の終わりに出発した若いスペースであり制作集団である。

見据えるはテン年代の現場感覚。


オルタナティブという言葉と、それが意味するアティチュードは。

00年代を通していつぞやから消費され尽くした後の残飯の

ような臭気を帯びている。

それはオルタナティブを標榜した運動の劣化であり、

オルタナティブ精神の本質が劣化したのではない。

あくまで表象的なレベルでの劣化にすぎないのである。


私たちは、あらためて、あえて、オルタナティブであらんとする。

オルタナティブであることの理は、

自律的であること、衝動に帯するバイアスが少ないこと、

つまりクリエーティビティを具体化する手順がシンプルであることだ。


ざっくばらんにいえば、「やりたいこと」を実現するための環境があり、

その環境が作家性に対して余計なバイアスをかけないのである。

かのような理念を、スペースにそして我々の活動において標榜する。


00年代を通じたオルタナティブ精神の劣化をうけて

私たちは以下の教訓を得た。

「オルタナティブ=なんでもあり」という態度は排除すべし。

なんでも可能かもしれないアルティメット状態において、

自由さに溺れ閉塞していったシーンが多く生まれ、

外部被爆=批評されるることなき状況下で、

自己満足という中毒を起こした悪い意味での「自律ゾーン」=

なれ合いでの矮小なコミュニケーションの交換がいかに多かったか。

00年代を通じ、オルタナティブ精神は

形骸化したクリエーティビティを意味するものとなった。


「初期衝動から始まる戦略的攻撃性」


私たちは、オルタナティブな精神を復興させる、

否、若き事業体は常にオルタナティブであるのだ。


自分達のできることを妥協亡きクオリティで提供する。

刺激的!時に扇情的でさえある!!そのような力を創造する。


フォレストリミットを開設してから、

微力ながら私たちは私たちなりのミッションを遂行してきた。

その過程で、00年代の閉塞したクリエーティブが陥った多くの過ちも犯した。

だがもはやテン年代。時代は移ろい変わり、そのスピードは極限まで早い。

それは消費社会のトレンドが変幻自在に変貌していく「速さ」ではなく、

大きな構造が大転換するようなより本質的な社会的変革である。

その意味で、「マス」の概念が非常に流動的なのである。


「なんでもあり」の状態でクオリティをたもつには、

新しいビジョンで厳しく自律しながら、連綿たるオルタナティブ精神の屍骸から

立ち上がる聖性を吸収する必要がある。

その意味で、我々はオーセンティクでさえある。

「時計仕掛けのオレンジ」で、マルコム・マクダウェル

が愛唱するSingin' in the Rainのような感覚。


放射能の雨が降る中で、私たちは歌いながら踊る。

生命力に満ち満ちた、野蛮で屈強な美しさをもった、

祝祭の空間をいまここに!

コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
Selected Entries
Categories
Archives
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM