<< わたくしの革命的気分。 | main | 震災後の世界。 >>
2011.03.05 Saturday

ColorGUNG個展

ColorGUNGのご両人(ワッキーとタクジン)。
すごく気持ちよい連中だ。

そんな彼らの作品世界を「個展」という形式で提示した本展覧会は、
彼らのコズミックな世界観を満喫できる内容だ。

オープニングイベントからしてアナーキー。
ケンジル・ビエンとメガネさんのコラボによるアグレッシブで扇情的な
パフォーマンスは、迫力満点。
YAMATOの人力サイケデリックライティングはエキトチジムを加速させ、
sauga君のオリジナルトラックは時にリチュラルな方向性と暴走する
サウンドテクスチャーでアグレッシブな空間ジャック。
すべてがグルービーでとても楽しめた。
ミハさんのごちそうのおこぼれに預かりたかったな。

先日の実験的なイベントはアナクロな操作系でかなり苦労したようだけど、
アカシックの淡彩画のようなサイケデリアアブストラクトなイマージュと
激しいイメージの交錯が実に刺激的。
サンガ君のトラックがアグレッシブさと幽玄さの狭間で鼓膜を刺激し、
きわめてビビットな体験だった。

さて、本日のイベントが楽しみでしょうがない。
会場もパーティデコ仕様でColorGUNGの本領は発揮されるかもしれない。

ところで、今私はフォレストリミットのフロアのど真ん中にマットを敷いて、
寝転んで彼らの作品に囲まれている。
派手なんだけどどこかチル要素を醸し出す空間体験は秀逸。
このような一面も彼らの作品は内包していたのであった。
コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
Selected Entries
Categories
Archives
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM