2012.08.10 Friday

studio recording show vol.1 報告


最近【studio recording show】という企画をスタートさせました。
DJやトラックメーカーの録音を公開で行うという内容です。

第一回は2012.08.02.に開催し、ホストはDJ lion-sanです。
lion-sanは当店のお近くにお住まいのDJで、私とは飲み友達でもあります。
当店では極リーグが主宰する「幡ケ谷ワンコインフェスタ」
http://kiwamu-league.com/)でのアフターパーティとして開催している
企画のレジテンツDJとして毎月スピンしていただいています。
lion-sanの他の活動としては、早稲田にある茶箱さん(
http://sabaco.jp/
にて「as u like」(http://as-u-like.net/)というハウス系のイベントを
主宰されています。
普段はフィルターハウスを中心にプレイしているDJ lion-sanですが、
今回は最近発掘中だというダウンビートなミックスを行いました。
下記にlion-sanがストリーム配信しておりますのでぜひお聴き頂ければと思います。




以前までDJのミックスを録音する際は、UREI1620からコンソールに入力し、
AUXにてレコーダーに送っておりました。

ただ、その場合、コンソールの独特の色がつくのと、音質の劣化が激しいため、
今回からUREIのmasterをATLのダイレクトボックスに入力し、
その出力をmetric halo経由でDAWに直接録音しました。

ちなみに、PAにもUREIのマスターからパラレルで出力し、
卓に入力することで「PAから出ている音をモニターしながら録音する」
ことを実現しました。UREIはデジベルメーターがないため、
DIのパラアウトをAMERICAN DJのデジベルベーターに入力し、
レコーダー=コンソール=デジベルメーターで正確な音量のモニタリングができるように しました。
DAWの録音は24bit/48kで行い、今回は16bit/44.1k のWAVにて納品させて頂きました。
クラブ的な鳴りの環境で大音量でミックスをするのは、
ヘッドフォンでミックスするのとは異なった体験だと思います。
スピーカーから出る音に包まれながら、その音に対して反応していく感じに
なったら面白いと思います。
というわけで、スタジオ活動の一環であるDJミックスをこのように企画化しましたので、
気になっているDJさんにお声をかけたり、もちろん持ち込みの録音企画も受け付けております。

問い合わせや録音してみたいという方は info@forestlimit.com (ナパーム片岡)
までご連絡下さいませ。

現在、次のミックス収録の準備中です。また、この企画は平日のBAR営業の
一環で行いたいと思っていますので、大体録音開始が21:00頃を目安としてます。
ぜひチェックして下さい〜。

ナパーム片岡
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
Selected Entries
Categories
Archives
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM